トラック

工事の注意

重機

解体工事は短期間で行いますが、事故の発生状況は新築工事よりも非常に多く発生しています。新築工事は床を作りながら徐々に上層階に向かった施工していきますが、解体工事は逆に上層階から壊していきます。工場などの解体では階高の高い建物を壊すので解体工事の計画が重要です。解体工事では壁は必ず内側に壊さなければなりません。コンクリートの解体では事前に鉄筋を切断してから壁を内側に引っ張って解体するわけですが、鉄筋の切断箇所の計算を間違えたりすると作業が終わらないうちに倒れたりして事故に繋がります。工場などの階高の高い建物では作業を高いところでしなければなりませんが、自分の作業している部分の解体時に一緒に墜落することがあります。過去の事故事例を検討したうえで計画を立てなければなりません。

近年では超高層ビルの解体が始まっています。超高層ビルの解体は通常の解体工事よりも何倍も危険な作業を伴います。したがって従来の施工方法ではない解体方法の研究も進んでおります。最近の超高層建物の解体方法としては従来の上層階から解体していく方法に変わった下層階から順番に解体していく方法が提案され、現実に実施されています。丁度だるま落しの方法で解体することになります。この方法をとりますと上層階での作業が無くなりますので安全面ということでは格段に安全性が向上します。問題はコストになりますが、現在は技術革新が進んでおりますので最初は高くついてのこの方法が一般化してくれば大幅にコストを下げることが可能になるので先進的な技術は実証して成果を上げることが重要です。

注目の記事
ガッツポーズする解体作業員
解体工事をする時

解体工事の際、まずは依頼する業者を決めます。業者を決める上でインターネットで一括見積り出来るサイトは非常に便利です。インターネットではさおの他にも様々な情報を得る事ができ、価格だけでなく、内容もよく見極める事が大事です。

解体開始
太陽光発電を始める

太陽光発電は投資的な意味合いを持っています。テレビや書籍でも太陽光発電を取り扱ったものが多いです。その相場などはインターネットの口コミサイトなどにも情報があります。太陽光発電を始める前にしっておきたい事について。

解体業務
太陽光発電と土地

太陽光発電は太陽パネルを設置して発電する事で、発電した電気は買い取ってもらう事が可能です。利用するスペースは屋根や空き地などの有効に土地利用する事が出来ます。太陽光発電と土地利用のあり方について。。

工事現場の風景
エネルギーの活用

太陽光発電は、太陽のエネルギーを吸収してそれを電力として活用するものです。そのため、節電することが出来る他にも余った電力を売ることが出来るため大変便利なものといえます。

工事現場の中
ブロック工事とは

自宅における外構工事ではブロック工事による防犯、耐震対策を行う人も多くなっています。自宅などで簡単な施工であればDIYで行う人もいます。また耐震性能を重視した工事の場合は施工業者に依頼するのが良いです。